fufu log

titiang3.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 29日

モーターボートに乗ってみよう@Danau Bratan

雨が降り出したブラタン寺院を後にして向かったのは車で数分のボート乗り場。
Mさんのモーターボートに乗って湖一周したいという希望で。

でも、この土砂降りです(^_^;)
ちなみに晴れてる時のブラタン湖の写真はコチラ
こんなお天気のいい時にボートで一周してみたかった。

私はバトゥカウ寺院でのスンバヤン用に着たクバヤのままだったので辞退しました。
この土砂降りの中、サロンを巻いた格好でボートの乗り降りは無理です(汗)

b0158934_1643144.jpg
なぜか、パラソルの下で肩を寄せ合っている人たち(笑)
ジャワ島からの観光客のようでしたが、あまりに土砂降り過ぎて出られないのかな?

b0158934_1643547.jpg
カメラのレンズも曇るくらいの激しい雨と湿気・・・。

b0158934_1643980.jpg
お天気が良ければ、この椅子に座って湖を眺めることができたのに^^;

b0158934_1644231.jpg
友達2人が出発した時よりも雨が激しくなってます。
分かりますか?この大きな雨粒。
湖の景色なんてまったく見えてませんから(笑)

ドライバーの友達と乗らなくて良かったね~と笑ってました^^;
もう笑うしかないって感じの雨だったんです。
観光客はたくさんいましたが、みんな建物の中に足止め状態でした。
この雨の中、ボートに乗って出発したのは友達だけでした(爆)

b0158934_1645072.jpg
あっ、友達の乗ったボートが帰ってきました~^^
お~、手を振ってますよ。
15分から20分くらいの時間でしょうか?
友達が帰ってきた時には不思議と雨脚が少し弱まってました。

b0158934_1645463.jpg
ボートの前には雨よけのためのビニールが(笑)
屋根付きとはいえ、この雨じゃ濡れるんじゃないでしょうか・・・?
やっぱりサロンを着てボートからこの高さを越えるのは無理ですよね^^;

戻ってきた2人に聞くと、ボートに乗って湖を回ってるときは雨が小雨になってたとか。
こちらは土砂降りでしたが湖の反対側には影響なかったようです。
待ってる間、『この霧の中だと何にも見えないよ』と思ってましたが、霧もあまり気にならなかったとか。
それなら良かった!確か、Rp150.000~200.000くらいしたと思うので。

パーキングまで土砂降りの中少し歩きます。
私たちは折りたたみ傘を持ってましたが、持ってない人も心配いりません。
傘を持った子供たちがたくさんいます。
傘売りではなくレンタル傘だと思いますが、値段はいくらかなぁ?
うまく交渉しないといけないでしょうね^^;

この時、1人の傘貸しの女の子にインドネシア語で何か訊かれました。
知らない単語があったのでバリ人の友達に意味を尋ねると「あなたの宗教は?」と言ってると。
日本人の私がクバヤを着てるのでヒンドゥー教なのか知りたかったんでしょう^^;
確かに、お寺で着てるなら分かるけどボート乗り場だし(笑)
その時に覚えた単語がagama:宗教です。
宗教って単語を使うことって滅多にないけど、きっとこれからも忘れないだろうな。

b0158934_164593.jpg
ウブドに帰る途中のどこかの村。
新月でお祭りが多い日なので、家の前にも大きな飾りがありました。
オダランがあるのかお寺も出店が出て賑やかでしたよ。
と、このエリア全然雨降ってないよ~(笑)

本当に山の天気は変わりやすいんだな~と実感した1日でした。
こんな土砂降りの中観光したのは初めてです^^;
でも、スンバヤンの時に雨が降らなくて良かった~。






***********************************************************************


ブラタン湖の後、天気がよければタナロット寺院へ行きたかった私たち。
でも、途中で車がまったく動かなくなってしまいました。
う~ん、これはお祭りの行列が歩いてるんだな~それなら仕方ないと諦めました。
しばらくしてジワジワ動くようになり少しずつ進んでいくと、友達が「アクシデントだな」と一言。
車の交通整理をしていた男性に尋ねるとやはり事故による交通渋滞でした。
事故現場に近づくと反対車線に変な格好で停まってる大型トラックが。
トラックの横を通り過ぎる時に見ると、車の下に潜った人が少しずつバイクの残骸を出していました。
きっとバイクに乗ってた人はまだ救出されてなかったと思います。
初めて見た交通事故の現場はショックでした。

この時感じた事ですが、
バリでは交通事故が起こっても警察官は何もしません。
ただ、道路に立ってるだけ。
交通整理をしてる人は地元のプチャラン(警備の人)で、その近くにただ立ってるだけ。
トラックの周りにもいましたが、これまたただ立ってるだけ。
信号の無い交差点で交通整理をしてる警察官を見かけたことはありますが。
事故現場で交通整理をすることは仕事の一つじゃないんでしょうか。
じゃぁ、何のために事故現場に来てるんでしょう?
やっぱりバリの警察官ってあまりいいイメージ持てませんね。


バリではバイクの事故が多いと聞きます。
最近は日本人の方もバリに行かれた時にバイクをレンタルされる人が多いですよね。
気を付けて安全運転されてるとは思いますが、本当に気を付けてくださいね。


[PR]

by titiang3 | 2012-04-29 20:09 | バリ島★North of Bali


<< Sunset@London #5      album@Waka Gang... >>